バーバラ・ジェムミル・ヘレン| Prescott College

バーバラ・ジェムミル・ヘレン

アカデミックステートメント

Barbara Gemmill-Herrenは、食品システム生物多様性に関する生態系サービスに関する持続可能な食品システムプログラムの科学の修士課程で、新しいコースを開発および指導します。

彼女の人生への情熱は、ミツバチから木、熊や象を含む自然への圧倒的な愛から来ています。 彼女は、人々が自然とつながることができるとき、自然界と人類の伝統的な二分法をはるかに超える知識の共有があると信じています。 彼女が働いたすべてのコミュニティで、彼女は常にこれを生得的に理解している並外れた、そして革新的な個人を常に見つけてきました。

彼女は、アフリカおよび世界中の地域コミュニティと生態系で何十年も現場で仕事をしており、生物多様性、多様な農業システム、および農業生態学のために、政府間プロセスで長年のスペースを見つけました。

彼女は、農業生態学と受粉サービスに特化した生態学者であり、受粉、生態学的強化、家族農業、および農業生態学に関する研究を調整してきました。 最近の研究で、彼女は、逸話や事例研究に追いやられることが多い農民の声と知識が、食物システムと農業に関する研究と政策の基礎となりうることに焦点を当てています。

現在、すべての農業部門にわたる生物多様性の主流化に関する国連食糧農業機関(FAO)の上級顧問を務めており、ケニアのナイロビにある世界アグロフォレストリーセンターのシニアアソシエイトであり、True Cost Accounting Acceleratorの運営委員会に参加しています。食品の未来のためのグローバルアライアンスのイニシアチブ。 彼女は、世界食糧安全保障委員会の高レベル専門家委員会のプロジェクトチームに参加し、2019レポート「持続可能な農業と食料安全保障と栄養を強化する食糧システムのためのその他の革新的アプローチ」を作成しました。 FAOの生態系サービスと生物多様性に関する主要な作業領域のマネージャー。 11で国連スタッフに就任する前は、ケニアのナイロビに拠点を置く国際的な環境非政府組織である環境連絡センターのエグゼクティブディレクターでした。 FAO内で、彼女はブラジル、ガーナ、ケニア、南アフリカ、インド、パキスタン、ネパールで実施される受粉サービスに関するグローバルプロジェクトを構築および調整しました。 FAOでの過去5年間で、彼女は農業生産における生態系サービスに関するFAOの仕事を担当し、FAOの農業生態学への新たな焦点の中心でした。 最近では、「農業と食糧のための生態系と生物多様性の経済学」(農業における真のコスト会計の調査)に関する国連のイニシアチブに貢献し、将来のグローバルアライアンスの「希望のビーコン」イニシアチブを率いています。食品の。 このイニシアチブは、より持続可能な食料および農業システムへの移行の証拠とストーリーをまとめたフレームワークの開発を目指しています。

アフリカ(ナイジェリア、ベニン、ケニア)で25年、イタリアのローマで11年暮らした後、彼女は現在、夫、20匹の羊、1匹の猫と共に、カリフォルニア州キャパイバレーの小さな農場に住んでいます。

教育

博士号、エコロジー。 カリフォルニア大学デイビス校(6月1992)

修士課程, 範囲管理。 カリフォルニア大学バークレー校(6月1978)

BA、地球および環境科学。 アンティオキア大学(6月1975)

出版物
  • ガリバルディ、LA、ペレスメンデス、N。、ガラット、MPD、 ジェムミル・ヘレン、B。、ミゲス、FE、およびディックス、LV(2019)。 作物生産の生態学的強化のための政策。 エコロジーと進化のトレンド、April 2019、Vol。 34、いいえ。4。
  • カニンガム、S。、 ジェムミル・ヘレン、B.、Tittonell、P。(2018)。 特集号の編集者 グローバルな食料安全保障 生物多様性、生態系サービス、食料安全保障について。 https://www.sciencedirect.com/journal/global-food-security/special-issue/109XCZ2KJX3。
  • ジェムミル・ヘレン、B。et al。 (2018)。 希望のビーコン:持続可能な食料システムのための持続可能性移行フレームワーク。 食品の未来のためのグローバルアライアンス。
  • ペンゲ、W。、 ジェムミル・ヘレン、B.、Balázs、B.、Ortega、E.、Viglizzo、E.、Acevedo、F.、Diaz、DN、Díazde Astarloa、D.、Fernandez、R.、Garibaldi、LA、Giampetro、M.、Goldberg 、A.、Khosla、A。、およびWesthoek、H.(2018)。 「エコ農業食品システム」:今日の現実と明日の課題。 TEEBの農業および食品:科学および経済の基盤。 ジュネーブ:国連環境。
  • Sandhu、H.、 ジェムミル・ヘレン、B.、de Blaeij、A.、van Dis、R。、およびBaltussen、W.(2018)。 TEEBAgriFoodフレームワークの適用:意思決定者向けのケーススタディ。 TEEBの農業および食品:科学および経済の基盤。 ジュネーブ:国連環境
  • ダンノルフォ、R。、 ジェムミル・ヘレン、B.、Graeub、B。、ガリバルディ、LA(2017)。 農業生態学の社会的および経済的パフォーマンスのレビュー。 農業の持続可能性に関する国際ジャーナル。 土井:10.1080 / 14735903.20171398123
  • Gemmill-Herren、 B.(編)(2016)。 農業への受粉サービス:主要な生態系サービスの維持と強化。 Earthscan; Routledge、ロンドン、ニューヨーク。
  • ガリバルディ、LA、 ジェムミル・ヘレン、B.、D'Annolfo、A.、Graeub、B.、Cunningham、SA、Breeze、TD 2016。 生物多様性、生計および食料安全保障を高めるための農業アプローチ。 エコロジーと進化のトレンド 2167:1-13。
  • ガリバルディ、LA、Carvalheiro LG、ヴァイシエールBE、 ジェムミル・ヘレン B.、ヒポリートJ.、フレイタスBM、Ngo HT、アズN.、サエズA.、ÅströmJ.、An J.、Blochtein B.、Buchori D.、GarcíaFJC、Oliveira da Silv F.、Devkota K.、 deFátimaRibeiro M.、Freitas L.、Gaglianone MC、Goss M.、Irshad M.、Kasina M.、Filho AJP、Kiill LHP、Kwapong P.、Parra GN、Pires C.、Pires V.、Rawal RS、Rizali A.、Saraiva AM、Veldtman R.、Viana BF、Witter S.、Zhang H.(2016)。 小規模および大規模農場で相互に有益な受粉者の多様性と作物の収量の結果。 科学: 351(6271):388-391。
  • Garbach、K.、Milder、JC、DeClerck、F.、Montenegro、M.Driscoll、L。、および ジェムミル・ヘレン, B.(2016)。 農業生態学的強化の5つのシステムで、作物の収量と生態系サービスの多機能性を調査します。 国際空港 Journal of Agricultural Sustainability。 (2016)doi:10.1080 / 14735903.2016.1174810
  • Graeub、BE、Chappel、MJ、Wittman、H.、Lederman、S.、Bezner-Kerr、R。、 ジェムミル・ヘレン、B。(2016)。 世界の家族農場の状態。 世界開発 (2016)、http://dx.doi.org/10.1016/j.worlddev.2015.05.012
  • フセイン、S。 (2015)。 農業生態学と生態系と生物多様性の経済学:悪魔は詳細にあります。 In:食料安全保障と栄養学のための農業生態学。 308-23。 FAO。、ローマ
  • Rader R.、Bartomeus I.、Garibaldi LA、Garratt MPD、Howlett BG、Winfree R.、Cunningham SA、Mayfield MM、Arthur AD、Andersson GKS、Bommarco R.、Brittain C.、Carvalheiro LG、Chacoff NP、Entling MH、 Foully B.、Freitas BM、 ジェムミル・ヘレン、B.、Ghazoul J.、Griffin SR、Gross CL、Herbertsson L.、Herzog F.、HipólitoJ.、Jaggar S.、Jauker F.、Klein A.-M.、Kleijn D.、Krishnan S.、Lemos CQ、リンドストロームSAM、マンデリックY.、モンテイロVM、ネルソンW.、ニルソンL.、パテモアDE、ペレイラNdO、ピサンティG.、ポッツSG、リーマーM.、ランドレーフM.、シェフィールドCS、シェパーJ.、シュエップC 。、Smith HG、Stanley DA、Stout JC、SzentgyörgyiH.、Taki H.、Vergara CH、Viana BF、Woyciechowski M.(2015)非蜂昆虫は、世界的な作物受粉の重要な貢献者です。 手続き Nat。 Acad。 サイエンス、11月の2015 DOI: 10.1073 / pnas.1517092112
  • Garbach K.、vu Thanh TA、Buchori D.、Ravenera R.、Boualaphanh C.、Ketelaar JW、 ジェムミル・ヘレン、B。(2014)。 アジアのコメ生産システムの複数の商品とサービス。 FAO、ローマ。
プレゼンテーション
  • 「基調講演:農業生態学的経験からの知識」農業生物多様性と食料安全保障の評価と監視の方法に関する会議、ブリティッシュコロンビア大学、バンクーバー、カナダ、5月30、2019。
  • 「セネガルのコメのバリューチェーン経路に関する全体論的レンズ:「農業と食料のための生態系と生物多様性の経済学」フレームワークの適用。農業と食料のための生態系と生物多様性の経済学(TEEB)、ナイロビ、ケニア、2月2019。
  • 「基調講演:希望のビーコン:持続可能な食料システムへの移行のための教訓の活用」G-STIC(グローバルな持続可能な技術とイノベーション会議)–持続可能な食料システムのための農業生態学ストリーム、ブリュッセル、ベルギー、11月2018。
  • 「グローバル農業の変化するコース」カリフォルニア大学バークレー校。 GLOBAL 123; ラテンアメリカの持続可能な農村開発の展望。 10月17、2018。
  • 「食料と農業の経済と持続可能性のフレームワーク」Agralogics Food Leaders Technology Summit。 プレシディオ、サンフランシスコ7月19、2018。
  • 「基調講演:農業生態学的ソリューションの実装:花粉媒介者の翼について」Green Mountain College、2月21、2018
  • 「グローバル農業の変化するコース」カリフォルニア大学デービス校、持続可能な農業入門、6月6、2018および6月7、2017。
  • 「受粉者に優しい作物管理:グローバルな視点」国際昆虫学会議、フロリダ州オーランド、2016 9月。
  • 「受粉:主要な農業生態学的機能」持続可能な農業と食料システムのための農業生態学に関する国際シンポジウム、中国昆明、8月2016。
  • 「受粉者と受粉者:なぜ食品産業は心配する必要があるのか​​?」 アメリカ料理大学およびカリフォルニア大学デイビス校、13th年次フレーバー、品質および American Menus Leadership Forum、8月の2016。 8月25-27、2016、カリフォルニア州ナパバレー。
  • 「農業生態学は国連の語彙を入力します」バークレー食品研究所、多様化農業システム円卓会議、カリフォルニア大学バークレー校。 2月8、2016。「FAO学習プラットフォームと農業生態学に関する知識の共有」アジア太平洋地域の農業生態学に関するマルチステークホルダーコンサルティング、バンコク、タイ、24 11月2015。
  • 「農業部門への生物多様性の主流化」生物多様性の主流化に関する国際ワークショップ(COP 13 CBD):メキシコシティ、メキシコ17-19 11月2015。
賞、助成金、および栄誉
  • ナショナルメリットスカラー、1970
  • カリフォルニア州知事奨学生、1971
  • 最初の代替、フルブライト奨学金、1981
  • ザイード環境賞(ミレニアム生態系評価の著者向け)、2006