マーガレット・カーロック・ルッソ| Prescott College

マーガレット・カーロック・ルッソ

EdD、ATR-BC、ATCS
アカデミックステートメント

マーガレットは、アートセラピストとして、学習困難、身体障害、または認知症を経験している個人と協力して24年以上の経験があります。 彼女は最も心のこもった、アリゾナ州南部のライフプランコミュニティで認知的および身体的衰退を経験している成人向けの最初の芸術療法プログラムを開発しました。 マーガレットは、十分なサービスを受けられない個人、すべての人のメンタルヘルスサービスへのアクセス、および可能な限り多くの州でのアートセラピーライセンスをサポートするための立法と資金調達を促進する積極的な立法支持者です。 彼女は現在、American Art Therapy Associationの理事長を務めています。

教育

2014-ホフストラ大学、編 D.-教育政策とリーダーシップ

2006-ニューヨーク州教育省、クリエイティブアーツセラピストライセンス番号000208-1としてニューヨーク州免許を取得

2006-ニューヨーク州教育局、学校管理証明書番号056642273でニューヨーク州の永久証明書を取得

2004-サンローズ大学、教育管理プログラムSAS証明書

1998-ART THERAPY CREDENTIALS BOARD、INC-受け取ったボード認定登録番号98〜167

1997-AMERICAN ART THERAPY ASSOCIATION、INC-受け取ったアートセラピー登録ID番号12989

1995-マサチューセッツ州ホフストラ大学-クリエイティブアーツセラピー、優秀卒業

1987-MOLLOY COLLEGE、BA-美術BA-スペイン語、卒業Magna cum Laude

専門知識

高等教育:

プログラムディレクター- 2008-2014、ホフストラ大学、ヘンプステッド、ニューヨーク、クリエイティブアーツセラピーグラジュエイトプログラム、学生の募集と入学、教員の募集と監督、コース開発、インターンシップの配置と契約の維持、管理、指導を含む大学院レベルのプログラミングの調整と管理。

非常勤教授 - 2000-2015、ホフストラ大学、ヘンプステッド、ニューヨーク。大学院レベルでのクリエイティブアーツセラピー、カウンセリング、および特殊教育プログラムのさまざまなコースを開発および指導します。

補助インストラクター- 2001、クイーンズボローコミュニティカレッジ、クイーンズ、ニューヨーク、学部レベルの入門美術療法コースを教える。

管理:

学校管理者/アシスタントプリンシパル- 2001-2011、ニューヨーク、ルーズベルト、ucpnのThe Children's Learning Center、アーリーインターベンションプログラムのすべての側面を調整し、教員を監督し、創造的な芸術療法のプログラミングを監督し、すべての教員とスタッフの専門的な開発スケジュールを計画し、実施し、スタッフの配置を支援する、創造的な芸術療法のためのインタビューと完全な雇用手順、ティーチングアシスタントとティーチャーエイドポジション、すべてのスタッフの従業員評価の追跡と配布、家族や学区との年次レビュー会議の促進、特別イベント中の訪問者連絡、直接特別プロジェクト、割り当てられた会議を促進します。

レクリエーションディレクター/アートセラピスト-1996-1999、クイーンズナッソー特別養護老人ホームとリハビリテーションプログラム、ニューヨーク州ファーロックアウェイ、この施設と姉妹施設のアートセラピープログラムの開発と促進、パークテラスケアセンター、外傷性脳損傷リハビリテーションプログラム。 芸術療法の専門能力開発、行動目標計画および危機管理チームへの参加、200ベッド施設のすべてのレクリエーションおよび社会的イベントの調整と監督、部門の従業員の監督、従業員のスケジュール、イベントのカレンダー、居住者の遠足、季節および毎日の部門の管理アクティビティ。 すべてのクライアント、品質保証レポート、スタッフの評価、部門間の関係に関する初期評価と四半期進捗ノートを含む管理責任。

レクリエーションディレクター- 1991-1994、ニューヨーク州アイランドパーク、ナッソー郡の脳性麻痺のベイビューナーシングホーム、185ベッド施設のすべてのレクリエーションおよび社交イベントを調整および監督。 部門の従業員を監督し、従業員のスケジュールを維持し、イベント、遠足、ゲストスピーカー、毎日および季節の部門活動の常駐カレンダーを計画します。 すべてのクライアントに関する四半期ごとの進捗メモ、品質保証レポート、スタッフの評価、部門間の関係、ボランティアの監督などの管理責任。

出版物

Carlock-Russo、ME(2014)。 ニーズの高い地区での生徒の社会的感情的発達に関する教師の理解に取り組む。 ホフストラ大学.

メイン州カーロック(2005、9月). すべての芸術療法、Newsday's Parents&Children Magazine, 7(8)、36。

プレゼンテーション

2018年XNUMX月-Territory Neurology and Research Institute、ツーソン、アリゾナ州-芸術療法によるアルツハイマー病とコミュニケーションへの取り組み

2018年XNUMX月-アリゾナ州、アリゾナ州ツーソン、ランチョヴィストソのSplendido接続部-高齢者のための芸術療法の利点

2月、2018-ツーソン植物園-ドセント教育:認知症の人とのクリエイティブアートの相互作用の最大化

11月、2017-アメリカ芸術療法協会全国会議-芸術療法のライセンスと擁護:最前線からの教訓

10月、2017-フェニックス美術館-Docent Education:接続の芸術:美術館訪問者と彼らが遭遇するアートワークとの関係の育成

8月、2017-国立多発性硬化症協会、アリゾナ州チャプターウェルネスエキスポ-MSと共に生きる人のためのアートセラピーの利点

11月、2016-韓国、順天-2016韓国エコ環境芸術祭(SEEAF)-療法としての芸術:自然療法と再利用可能なアイテムを芸術療法の実践に取り入れる

11月、2016-韓国芸術療法研究所、ソウル、韓国-基調講演と終日ワークショップ-アートセラピストとしての自覚の重要性

11月、2016-ガチョン大学、韓国-大学院芸術療法プログラム-ゲストレクチャー-特定のクライアントニーズに適したメディアとディレクティブの決定

7月、2016-アメリカ芸術療法協会全国会議教育委員会-ファシリテーター、半日ワークショップ

7月、2016-コミュニティパネル、ランチョヴィソソのSplendido-アートセラピーとは何ですか?

6月、2016-接続部、ランチョヴィソソのスプレンディード、高齢者に対するアートセラピーの利点

7月、2015-アメリカ芸術療法協会全国会議総会支部プレゼンテーション-政府問題委員会アドボカシープロジェクト助成プログラム教育委員会-ファシリテーター、半日ワークショッププレゼンテーション-なぜアートセラピーのライセンスとアドボカシーが不可欠なプレゼンテーション-改訂修士教育を実施するための戦略基準

2月2015-ニューヨーク州ユニオンデール公立ノーザンパークウェイ小学校-教職員養成の日:教室での創造的芸術の重要性

1月2015-ニューヨーク児童センター、NYC、NY- スタッフ専門能力開発パネル:社会的感情的学習

1月2015- KidsAtoZラジオショープレゼンテーション:親のための社会的感情学習 http://www.blogtalkradio.com/kidsatoz/2015/02/09/social-emotional-learning-panel- プロバイダーと親の役割に関する議論1

11月2014-ニューヨーク州ヒックスビルのHagedorn Little Village School-アートセラピーは...講義とワークショップ

10月2014-世界芸術療法会議、ソウル、韓国-米国の芸術療法:芸術療法専門職の擁護

7月、2014-アメリカ芸術療法協会全国会議基調講演-政府問題プレナリーセッション:国家免許イニシアチブ-ステータスレポートチャプターのプレゼンテーション-未来への移行:立法変更のための章の動員プレゼンテーション-アドボカシーの技術:共に働くアートセラピストのための重要な公共政策に影響を与える

1月2014-ナッソー郡美術館、ロズリン、ニューヨーク-美術館体験で複数の障害を持つ個人を引き付ける

10月2013-例外的な子供のコンベンションのためのニューヨーク州評議会-ニーズの高い地区における多様な学生の社会的感情的発達の理解

6月、2013-アメリカ芸術療法協会全国会議の支部プレゼンテーション-アドボカシーの芸術:アートセラピストの重要な公共政策に影響を与えるために協力するプレゼンテーション-患者に創造を求める

7月、2012-アメリカ芸術療法協会全国会議の章のプレゼンテーション-芸術療法ライセンス:ここからそこへ

6月、2010-ニューヨークアートセラピー協会のキャリアデー-クリエイティブアーツセラピーへのプレゼンテーション、ニューヨーク大学での最近の卒業生

4月、2009-ニューヨークアートセラピーアソシエーションキャリアデー-ホフストラ大学クリエイティブアーツセラピー学生へのプレゼンテーション

秋、2009および春、2008- Elija Foundationクリエイティブアーツ兄弟サポートプログラム-ASDの子供の兄弟のためのクリエイティブアーツサポートグループを提供するパイロットプログラム

春、2008-ホフストラ大学、クリエイティブアーツセラピーカンファレンス-永続的なコミュニケーションが困難な個人とのアートセラピー

2006-ロングアイランド大学、CWポストキャンパス、ニューヨーク-アートセラピープログラムプレゼンテーション-特別な人口への適応

2006-ニューヨーク州ウェストベリーのウェストベリー公立学区-アウトリーチプログラム、コミュニティプライドデイ-壁画プロジェクト

2006-ニューヨーク、ルーズベルト、チルドレンズラーニングセンター-学部専門能力開発-コラボレーションモデルの探索、アートセラピー体験版

2005-The Children's Learning Center、ルーズベルト、NY-学部専門能力開発、ストレス軽減アートセラピー体験

2004-ホフストラ大学、クリエイティブアーツセラピーカンファレンス-現在のアートセラピーの実践に関する臨床的議論:自己表現への架け橋としての象徴主義

2003、2004、2008-ニューヨーク芸術療法協会、キャリアデー-インタビュー準備ワークショップ

2002-2004-米国ナッソー郡合同脳性麻痺協会、ルーズベルト、NY-新入社員オリエンテーション-アートセラピーによる感受性トレーニング

2002-ニューヨーク、ルーズベルト、チルドレンズラーニングセンター-ファカルティコラボレーティブワークショップ-FISH哲学を使用したコミュニティの構築

2000-ホフストラ大学CATCHクラブプレゼンテーション-特殊な集団を用いたアートセラピーへの適応

賞、助成金、および栄誉

2015-アメリカ芸術療法協会-教育基準改訂タスクフォースのメンバーとして優れたサービス

2012-ニューヨークアートセラピー協会-名誉会員賞

2007-ニューヨークアートセラピー協会-パムクラークサービス賞秋2000 ucpn、四半期の従業員

2000および2002-芸術のための再交付プログラム、壁画プロジェクトが1994 American Businesswomen's Association Scholarshipを助成